• 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11
∵ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | 
∵ Peace with...
まぁ、裏ブログなんで、少々晒します。
別に顔晒したり、そんなことはしないです。
テメェのツラなんて見たくはない、って話ですから。
最近の僕の事ね。



幾人かの煩わしい人間に囲まれつつも、とにもかくにも仲の良い連中と楽しくやってます。



……どうして平和な世界に争乱を作ろうとするかなぁ?
おいおい、気付いてないだろ?お前のことだよ。こっちも疲れるっつうの。
僕は平和主義者さ。
でもねぇ、てか、だからこそ、黙ってられないんだけど。




愚痴もいい加減に。
仲の良い連中とは仲良くやってます。
お互いに愚痴を言い合いながら、お互いに馬鹿話をしながら、
受験勉強の精神的な疲れを取ることに専念しています。




今日はテストでしたが、テストはしっかりやりましたとも。
で、迎えましたは、放課後。
良いことだらけさ。
時間が経つのも忘れるよね。
愛するべきは平和と平和を共有する者さね。




甲子園の疲れを跳ね飛ばした、まではいいものの、
その後に残る夏の課題。要するに勉強の山。
甲子園に行く前に購入しておいた問題集やら参考書やらの山。
今日はテストだったから、今日の夜には一つ数学は終わらせないと。



で、ちなみに、今日も参考書買ってきてたり。
どうしよ。


……え、てか、上で書いた「平和」は参考書……??



……何か晒したか?普通の日記?
ああ、まぁ、実はね……(含み)
スポンサーサイト
この記事のURL | エッセイ | COM(0) | 
∵ Fake
残念ながら、
誰かを騙したり、誰かに嘘を付いたりしないで、
生きていくことは出来ないのです。




別にそれは分かってること。仕方ないこと。
少々の嘘は、別に心に引っ掛かったりはしないのです。
繊細すぎる心は、社会に弾かれるのです。





そして。
それなのに。





こうやって、心にズキズキと痛みを感じるのは、
何かのきっかけで、あなたにまで嘘を付いてしまっているという事実故なのです。



仕方がないのでしょうか?


そうやって割り切ってしまっても良いのでしょうか?


それとも、このまま、傷口を瘡蓋が塞ぐのを待つより他ないのでしょうか?






今日も、一日が終わります。
現実以外の場所で、例えば夢では、あなたはそれを許してくれますか?
この記事のURL | エッセイ | COM(0) | 
∵ Noisy
先祖の御霊を慰める……。
今日、長崎では精霊(しょうろう)流しが行われています。
銃撃された伊藤一長元市長の船も出されるそうです。














……てか、爆竹うるさすぎるだろ!?


先祖もビックリだよ。
慰めるっつうか、無理矢理呼び覚ましてるだろ!?




死体がお墓から起きあがってきたらどうするんだよ!


「おお、うるさいな?朝かぁ」
どう対応すればいいか分からないよ!!
市役所もビックリだよ。死亡届を撤回したい……どうすんねん。








伊藤一長さんは更にビックリだよ!
「銃撃の音か!?」
ちゃう、爆竹の音や。

「もう、心臓止まるかと思ったよぉー」
ブラックジョークか。
てか、言葉遣い何でおかまや!?
てか、動き出したんかい?
万事塞翁が馬ってか。上手くないぞ!








どれほどうるさいかと言いますと、
これは、社会科の分野になるんですけども、


爆竹の消費量:全国1位。


って訳ですね。しかもずば抜けて。












一夜で、全国の消費量を追い抜いちゃいますね。
どんだけ使ってるんだよ。







ニュースキャスター
「亡くなった方のご冥福を祈り、忍びやかに極楽浄土を……」




皮肉か!!
この記事のURL | エッセイ | COM(0) | 
∵ You're always...
思い出は過去。
夢は未来。
誰だって知っていること。



そして、多分知っている。
現実とは、今。



僕らは色々なことを知りすぎている。
それは例えば、
学校の教科書に載っている化学の組成式だったり、
現代社会の抱える問題点だったりする訳なんだけど、
そういう諸々のことを知りすぎて、



だから、現実を恐れる。今を無視する。





人間の性格を二つに分けるとして、ポジティブとネガティブ。
ポジティブは未来に希望を託し、ネガティブは過去を悔やむ。
そうやって、人は、今を忘れる。



人を愛したり、嫌ったりするけれど、
その人は、未来でも、過去でもない。
そこにいる人は、単なる、現実、今。



僕らは、その人のことを、忘れる。






でも、その人に愛して欲しいと、願ったりする。




こういう自分のことが、こうだから、イヤだ。

この記事のURL | エッセイ | COM(0) | 
∵ Feel
本を読む時間が無くなっていくにつれて、
今まで読んだ本のフレーズが鮮明に脳裏に浮かんできます。
僕の脳みその記憶力も、大したもんだ、と、どうでもいい感慨にふけったり。




まぁ、例えば、ダークな作品で行くと、

『憎しみだけで人を殺せたら、と、心から思った』

みたいなフレーズ。
作品名は覚えてないんですが、ここだけは強いインパクトを受けました。




市川拓司作品(大ファンです、『いま会いにいきます』の人)だと、

『君の隣の席は居心地が良かったです』(いま会いだっけ?)

とか、


『私はその人が好き、そしてその人も私が好き、だから難しいのよ』
『どういうこと?』
『私はあの人が好き、だけで世界が成り立つなら(単純で)いいのよ』
(中略)
『それなら、私も誠人も幸せになれるわ』


以上、こちらは『恋愛寫眞』って本ですね。
(『ただ君を愛している』って映画になりました。玉木宏、宮崎あおい主演の)
なお、一字一句そのまま記憶してる訳じゃありません。
たぶんに間違いが多く見受けられると思われます。悪しからず。



何にしてみても、読本とは心の糧です。
作者の意図、主張を読みとることに終始せず、
物語を、登場人物の心情を、心に取り込んでいく。


これによって、心を豊かにしていく。
小説の役割とは、そういう所じゃないでしょうか。

(※この主張は、「小説」というものを捉えるパラダイムにより変わりうるものですが)

この記事のURL | エッセイ | COM(1) | 
| Top Page | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。